はなせ トップページ > 工芸はなせ 離世ぶろぐ

お月見

今日9月24日は十五夜です。

地域によって違いがあるようですが十五夜では、満月に見立てた月見団子や魔除けのススキ、里芋や栗、枝豆など収穫されたばかりの豊作物をお供えします。

この十五夜の夜に満月が見られるのはマレのようで、今年の満月は25日のようです。

ここのところ曇り空でお月さんが見えませんが、明日には綺麗な満月を拝みたいですね。

_

 

十八番屋花花

2018年9月24日|中根 未分類

お雛さんのお話

雛人形の飾り方は一般的には男雛を向かって左、女雛を右に飾るようですが、

京都では、男雛を向かって右、女雛を左に飾ります。

これは、京都御所の紫宸殿に由来し、太陽が先に当たる側に君子である天皇が座るという古来の風習に習ってこのような飾り方をするようです。

 

並べ方については地域によって違い、特に決まりはないようなので、家に伝わる飾り方で飾り付けを楽しんでください。

 

2018年2月27日|未分類

4月の花背屋

先日花背の里へ行く道の途中、花背峠を越えて坂を下っていくと、まだ少し雪が残っている所がありました。

花背は街中よりも少し遅く春が訪れます。
ウグイスも高らかに鳴き始め、ふきのとうも顔を出しどんどん成長しています。そろそろ桜が咲き始める頃でしょうか。
楽しみです。

 

2017年4月19日|中根 未分類

花せ屋 営業再開しました。

少しずつ春らしくなってまいりました。

花背にある花せ屋は長らく冬休みをいただいておりましたが、4月から営業を再開しました。
土、日、祝日と営業いたしますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
お待ちしております。

2017年4月1日|未分類

桃節句

桃の節句に合わせ、おひな様を飾りました。
床の間のおひな様は、江戸時代中期に京都の人形師・雛屋次郎左衛門が作り出した、次郎左衛門雛といわれるものです。
丸顔に細い目と小さな口・鉤鼻が特徴的です。
 

 

 

 

 

2014年2月28日|山添 未分類

今年最後の桜

今年最後の桜でしょうか?
今日は朝から 低気圧の嵐でせっかくの桜が終わってしまいそうです。
お花見のお誘いを受けて昨晩 お邪魔しましたが皆口々に 今年最後ですね!と
たっぷり見せていただきました。 おいしいお酒と桜、お食事 ありがとうございました。
たくさん写真を撮りました。来年新作にできるでしょうか?!

 

2013年4月6日|TOKURIKI 未分類

版画紙箱「おはこ」

贈答に良し、独楽も良し。
蓋には季節それぞれの表題や、貴方だけの名入れ箱。
中身も、はなせの蕎麦の実こんぺい・蕎麦茶・飴・黒豆チョコなど、蓋との組み合わせは十人十色。お気に入りを見つけてください。
贈答に最適な、二箱〜六箱が収まる取合せ用の化粧箱もご用意してます。
 
京都版画館・月のぴょん屋(ジェイアール京都伊勢丹店)・伊勢おかげ横丁の山徳記念館他でお求め頂けます。
 

2013年3月26日|未分類

赤熊(しゃぐまと読みます)

祇園祭りが近付くと市中はザワザワ。
長刀鉾の鉾先に付く大きなワラで造った飾りを赤熊。歌舞伎の連獅子に付ける頭も赤熊。
祭りが終わると京のお公家さん冷泉家門上へ飾られます。下をくぐると何やら良い事が訪れるそうです。
京家で見かけるチマキの元とも伝わります。昨年不思議な縁で京の麩屋・麩嘉様のご子息より頂き、我花竹庵に飾らさせて頂きました。
是非夏、涼しい花背へ赤熊くぐりにお出かけ下さい。
 

洛北 花背、花竹庵の赤熊

2012年7月7日|TOKURIKI 未分類

初めてのブログへの挑戦です。

京を北へ七里余り、水・空気美味。
花背の里にて日本の素材に取り組み、にっぽんをテーマに物創り、色々ガンバッてます。
時々は見て下さいね。
 

洛北 工芸 離世

2012年6月28日|TOKURIKI 未分類