はなせ トップページ > 工芸はなせ 離世ぶろぐ

藤の花が咲きました。

春が過ぎ、例年なら汗ばむ日が続く時期なのですが、今年は寒暖の差が激しく、なんだかおかしな初夏です。
 
一昨年の冬、花竹庵(蕎麦 花せ屋)前の、大雪で倒壊した藤棚も見事復活。
素人剪定ですが、50〜60cmくらいの藤の花が咲いてます。
現在、七部咲きくらいなので、もうしばらく楽しめそうです。
 
日中はカッコウの鳴き声、夕方から晩にかけては、鹿やミミズクの鳴き声を聞きながら、日々創作活動を続けています。
これからの季節、街中よりも涼しく過ごしやすい花背へ是非、お運びください。
 
花背蕎麦『花せ屋』は、平日(ご予約)・土日祝(ご予約優先)にて承っております。ご来店前にご一報ください。
道向い『花背工芸館』では、花背生まれの工芸品をはじめ、一部「月乃ぴょん屋」の商品を並べております。
http://hanase.co.jp/
水曜定休日
 

 

 

2013年5月20日|山添

版画いろいろ展

5月11日より13日の3日間、京都版画館にて第一回目の「版画いろいろ展」を無事開催する事ができました。
徳力富吉郎(1902〜2000)のお弟子さんや旧版画塾の方々の作品を、私達が普段、工芸はなせにて製作している雲母刷り版文様や、木版画の襖・障子の部屋に飾らせて頂きました。
 
お茶・お花の先生や、表具師さん・菓子職人さんなど、沢山の方々のお力添えを頂戴し、また京都新聞さんにも記事を掲載していただいて、より多くの方に版画の魅力を感じていただく事が出来ました。
 
ご来館いただいた皆様、応援して頂いた皆様、大変ありがとうございました。
 


 

 

 

 

 

2013年5月14日|山添

フォトフレーム木箱

可愛いイラストの表題が付いた、フォトフレーム木箱が出来ました。
これから暑くなる季節に嬉しいレモン塩飴も入ってます。
表題の絵は、イレストレーターの山口哲司さんです。
木箱は、蓋の表題をお気に入りの写真と入れ替えて、フォトフレームとしてお使い頂けます。
 
贈答に良し、独り楽しむもまた良し。
ジェイアール京都伊勢丹10階「月乃ぴょんや」、伊勢おかげ横丁「山徳記念館」他にてお求め頂けます。
山徳記念館では、しょうが飴入りとなっております。
 


箱のサイズ約100×100×30mm、各1,050円(税込)
 

表題のイラストは13種類の中から選べます。[不許複製]

2013年5月6日|山添