はなせ トップページ > 工芸はなせ 離世ぶろぐ

お雛さんのお話

雛人形の飾り方は一般的には男雛を向かって左、女雛を右に飾るようですが、

京都では、男雛を向かって右、女雛を左に飾ります。

これは、京都御所の紫宸殿に由来し、太陽が先に当たる側に君子である天皇が座るという古来の風習に習ってこのような飾り方をするようです。

 

並べ方については地域によって違い、特に決まりはないようなので、家に伝わる飾り方で飾り付けを楽しんでください。

 

2018年2月27日|未分類

ひな祭り

三月三日は雛祭り。

女の子の幸せと成長を願ってお祝いする日です。

雛人形は立春頃から二月中旬までに飾り始め、三月三日の節句が終わったら、出来るだけ早く片付けます。

京都版画館と十八番屋花花では三月三日までお雛さんの暖簾を掛けています。

店内では、お雛さん商品を置いておりますので、お近くにお越しの際はぜひ覗いてみてください。

 

京都版画館

 

 

 

 

十八番屋 花花

 

2018年2月23日|中根

2017年 祇園祭

京都では7月1日から31日までの1ヶ月間に渡り、祇園祭が行われます。

それに伴い、京都タカシマヤ1階「ゆとりうむ特設会場」にて、祇園祭の商品を販売しております。

福札やおはこ、うちわ、葉書などご自身でお使いになる以外にお土産にも喜ばれる商品を多数取り揃えております。

 

 

 

 

 

 

また、「十八番屋 花花」でも祇園祭の商品を販売しております。

ぜひ、お近くにお越しの際はお立ちよりください。

お待ちしております。

 

2017年7月14日|中根

花背の里

先週、とうとう花背の里も桜が咲きました。
雲一つない青空で散歩するのにもってこいの天候でした。
花背の里へ行く途中もちらほらと桜が咲いている所があり、あと数日は遅咲きの桜が楽しめそうです。

2017年4月30日|中根

4月の花背屋

先日花背の里へ行く道の途中、花背峠を越えて坂を下っていくと、まだ少し雪が残っている所がありました。

花背は街中よりも少し遅く春が訪れます。
ウグイスも高らかに鳴き始め、ふきのとうも顔を出しどんどん成長しています。そろそろ桜が咲き始める頃でしょうか。
楽しみです。

 

2017年4月19日|中根 未分類

花せ屋 営業再開しました。

少しずつ春らしくなってまいりました。

花背にある花せ屋は長らく冬休みをいただいておりましたが、4月から営業を再開しました。
土、日、祝日と営業いたしますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。
お待ちしております。

2017年4月1日|未分類

2016年 感謝祭&井戸端展

 10月29日(土)、30日(日)は、花背で感謝祭&井戸端展が開催されました。
34年間続いた感謝祭は今年が最後の開催でした。

感謝祭は少し天気が崩れてしまいましたが、井戸端展は良いお天気で行楽日和となりました。

お越し頂いたお客様から「毎年楽しみにしていた」と声を掛けて頂きとてもうれしく思っています。

今年もたくさんの方々にお越し頂き、感謝感謝です。

 
引き続き、ギャラリー&花背屋は土日祝と営業しておりますので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

花背も大分寒くなってまいりましたので、防寒具必須です。

 

 

2016年11月4日|中根

福ねこ

十八番屋花花(おはこやそうか)のレジ横に並んでいる福ねこ。
それぞれ顔や身体の模様が違い、思わず微笑み返したくなる様な愛らしい姿をしています。
”右手は福、左手は人を招く”と云われ、江戸時代から親しまれている縁起モノです。
 
ぜひお近くにお越しの際は、お立ち寄りください。
 

2016年8月9日|中根

祇園祭いろいろ

只今、京都タカシマヤ1階「ゆとりうむ特設会場」にて祇園祭の商品を販売しております。
額絵やおはこ、葉書、団扇、手ぬぐいなど贈り物にも最適な品々を取り揃えております。
7月24日(日)まで開催中です。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

2016年7月8日|中根

11月の「お茶とお菓子を楽しむ会」

京都版画館内にあるお茶室では毎月、工芸はなせのモノ造りに携わる方達を中心に、お茶とお菓子を楽しみながら、お茶の稽古をしております。
 

 

 

 

 

 

2014年12月6日|お茶 山添